クロネコさんぽ

働くヒトを観察する猫の備忘録

睡眠と血圧

ども、クロネコです。

領地を鎮撫してまわっていますが、草の中を歩いていると何かツブツブがいっぱいくっついてきて非常に気になります。こういうときは、

わたし、気になります!」というのが正解だと例のオジサンが言っていました。

これだから、ヒトの中でもヲタクというのは厄介だなと思ったりもします。

 

氷菓 (小説) - Wikipedia

 

例のオジサン、最近は朝は早く家を出て、大体同じ時間に戻ってきてます。

その後は滅多に家を出ないのですが、昨夜は夜遅い時間に家を出たので、戻ってきたときに事情聴取してきました。

 

ボク:「みゃー!みゃー!」(オイコラー!どこ行ってたー!)

オジサン:「よぉ、こんばんは。飲み物がなかったから買いに行ってきたよ。お前さんは見回りの帰りかい?」

ボク:「みゃあ、みゃあ、みゃあ」(ちょっと、こっち来い、座れ)

オジサン:「夜は寒いねえ。お前さんもあったかいところに行けばいいのに」

ボク:「みゃあ、みゃあ」(オジサン、夜遅くに外出たら眠れなくなるでしょ)

オジサン:「今月に入ってから、胸の痛みがほとんどないのもあって、夜の眠りが良くてねぇ。心療内科の先生に話したら、睡眠導入剤の処方がなくなったよ。お薬が減るのは嬉しいねえ」

ボク:「みゃあみゃあ!」(油断大敵!)

オジサン:「夜、決まった時間に眠くなるんよ。ただ、途中で目が覚めることはあって、そのときに水を飲まないと調子が悪くなるかなあ。それもあって、買い出しだよ」

ボク:「みゃー?」(じゃあ、もう眠るの?)

オジサン:「これで安心して眠れるよ。睡眠の質が良いと血圧も下がるから、睡眠って大事だなって、つくづく思うよ。ところで、お前さんは、この毛についたツブツブを付けたまま眠るの?」

ボク:「みゃぁぁ」(それなぁぁ)

オジサン:「お前さんも、あったかいところで休みなよ?構ってくれてありがとね。おやすみー」

ボク:「みゃー、みゃー」(またねー、おやすみー)

 

オジサン、お薬が減ったそうです。それが続くといいのですが。

ボクにはわかりませんが、眠れないの体に相当負担がかかると思うので、眠れるから胸の痛みも和らいでいるのかもしれませんね。

ボクもあたたかいところでぐっすり眠ろうと思います。

 

【今日のクロメモ】

・オジサン、睡眠導入剤を飲まなくても良くなった

・オジサン、血圧が下がっている。睡眠と関係があるらしい

・毛についたツブツブをうまく取るコツを知ってる方は教えてほしいです