クロネコさんぽ

働くヒトを観察する猫の備忘録

区切りをつける

ども、クロネコです。

あちこちで大雨や地震の被害が出ているそうですね。お見舞い申し上げます。

ボクも経験がありますけど、安全な場所を予めいくつか用意しておくといいと思います。

 

さて、例のオジサンの帰ってくる時間がバラバラなので、とりあえず暗くなったら覗きに行ってみることにしたら、大体会えるようになりました。

それでも、待ってると遅いなあと思う時があって、今日はオジサンはまだ帰ってこないと思って秘密の家に帰ろうとしたら、バッタリ会うこともあります。

何をしてるのでしょうか?

 

「みゃーみゃーみゃー」(オジサーンおかえりー遅いよー)

「こんばんは、ただいまやね。残業してたら遅くなったんよ。待ってた?」

「みゃあ。みゃあ」(別に。偶々だし)

「今月いっぱいで今の職場での仕事が終わるように区切りと引継ぎの仕事をしてるんよ。それで遅いんよ」

「みゃー?」(そのマスクはまだ風邪なの?)

「夏風邪が長引いてて、体はつらいけど仕事やからね。それにしても喉が痛くて声が戻らないよ」

「みゃあみゃあ」(その声でマスクしてたら変質者だもんね)

「お前さんは、暑いけど、お水飲んで、食事は食べてるんか?」

「みゃ」(まあね)

「夏場は水分補給大事やからなあ。お昼の1時から5時くらいに熱中症になる人が8割ぐらいらしい。こんな20時とかでも暑いしなあ」

「みゃあ。みゃー?」(暑いよね。オジサンはちゃんとしてる?)

「オジサン、何だか色んな事に区切りをつけないといけないとは思ってるけれど、なかなか進まなくて。元気出すためにウナギでも食べよかな?」

「みゃー」(お好きなように)

「しばらく、帰ってくる時間はバラバラだから、待ってなくてもいいから涼しいところにおいでよ?それじゃあ、またね。バイバイ、おやすみ」

「みゃー、みゃー」(おつー、おやすみー)

 

オジサンは区切りの時期ですか。

終わらせるためだったり、続けていくためだったり、始めるためだったりと準備が多いみたいですね。

こういう区切りの時期は、キャリア・アンカーを思い出して、オジサンには進んでもらいたいものです。

ボクは涼しい場所の開拓に勤しみます。

 

【今日のクロメモ】

・ウナギを食べると元気になる。でも、ウナギは絶滅危惧種なので心して食べましょう

・オジサンは区切りの時期にいる。

・区切りの時期はキャリア・アンカーを思い出すこと。