読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロネコさんぽ

働くヒトを観察する猫の備忘録

ぶつかり合いを恐れず自分を殺さないことが大事

ども、クロネコです。

本丸は守り切って、領地内をくまなく巡回しています。

先日は巡回中のところ、オジサンと出会い、そのままオジサンの家までついて行ったりしました。

今週は雨の日もありましたが、毎日、オジサンと会って話してます。

たまに憂さ晴らしに軽く噛みついたりしますが、オジサンには軽くあしらわれてしまいます。

猫に慣れてるヒトのこういうところは好きじゃありません(>_<)

 

「おお、こんばんは。ただいまやね。今週は毎日お迎えありがとう」

「みゃ~」(おつかれ~)

「だいぶ暖かくなってきたけれど、風が吹くとまだ寒いね」

「みゃあ」(そうだね)

「オジサン、今日は上司と今年度の業務分担の打合せしてきたよ~」

「みゃあ?」(この話は長くなる話?)

「オジサン、前は上司に言われた通りに割り振られた仕事をしてきたけれど、今年度は自分が担当したい業務、やらないといけないと思ってる業務をちゃんと言えたよ」

「みゃあ」(それは良かったね)

「でもね、業務の詳しい内容のところで意見が噛みあわなくて、ちょっと上司が腹を立てたんよ。少なくともオジサンにはそう見えたんよね」

「みゃー」(あー長いねー)

「オジサンにも譲れないところがあったから、腹を立てようが言うことは言って、2人が納得するところに落ち着いたんよ」

「みゃあ?」(それは妥協じゃないの?)

「良い妥協と悪い妥協があると思うんやけど、今日のは良い妥協だと思うんよね。こういう話し合いを上司としたのは初めてかもしれへんねえ」

「みゃあ!みゃあ!」(すごーい!オジサンは良い妥協ができるフレンズなんだね!)

「5月からも自分の意見を周りに伝えながら、穏やかに働いていけるようにしていくよ」

「みゃあ!」(主体性大事!)

「さて、オジサン、お家の中に入ってご飯食べるね。お前さんも最近ちょっと痩せた気がするから、しっかりご飯を食べなよ?それじゃあ、またね」

「みゃー!」(またねー!)

 

オジサン、今までにできなかったことができるようになっているみたいですね。

ボクはボク自身だけで領地を管理しているのですが、群れると大変だっていうのはわかります。

ボクは自分だけでできることを増やしていこうと思います。

 

【今日のクロメモ】

・オジサンは上司に自分の意見を言えるようになった。

・オジサンは良い妥協をすることができた。

・群れの中でできることと、自分だけでできることはどちらも大事だと思う。