読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロネコさんぽ

働くヒトを観察する猫の備忘録

戦略は難しい

ども、クロネコです。

まだ白猫との戦いが続いています。彼奴は用意周到に仲間をボクの領地内に配置していって本丸を彼奴が抑えようとしているのです。

ボクは群れるのがキライなので、数で負けるのは承知しているので効率よく領地争奪戦を繰り広げないといけません。これが戦略というものでしょうか?

 

「おや、久しぶり。お前さん、まだ白猫と領地争いしてるん?」

「みゃぁ。みゃー」(おお、オジサン。まだ戦争中だよ)

「戦いって、戦略と戦術があるのって知ってる?」

「みゃぁ」(知ってるよ)

「オジサン、今月から戦略立案を担当することになったんよ。数で負けてるから、トリッキーな戦術も駆使しないといけないかもとは思ってるんよ」

「みゃあ、みゃあ」(戦略とか戦術とか大げさだね、オジサン、過大に考えてるんじゃないの)

「この前ね、上司と面談して、勝つ戦略立案をしてほしいって言われたから、お家でもボンヤリと考えたりしたり、他の人の相談したりしてるんよ」

「みゃあ?」(オジサン、ボクの軍師にならない?)

「オジサン、太公望はわからないけれど、張良諸葛亮モルトケとか歴史上の軍師や参謀と呼ばれる人達が好きだから、オジサンにそういう才能があるかはわからないけれど、やってみるよ」

「みゃあ」(ボクの軍師にはなってくれなさそうだね)

「お前さんも良い軍師に巡り合えるといいのにな。三顧の礼を尽くすようなことまではしなくてもいいから、せめてもう1匹仲間がいるといいと思うけどなあ」

「みゃあ、みゃあ」(オジサンの家には3回以上来てるよ。三顧の礼どころじゃないよ)

「オジサンも白猫見かけたら、威嚇するぐらいはしとくわ」

「みゃぁ」(それだけでも助かるよ)

「じゃあ、オジサン、お家に入るね。雨に濡れないように気をつけてな」

「みゃあ」(うん)

 

オジサン、戦略担当だそうです。

戦略って、データを集めて分析して、いかに楽して勝つかが大事だって聞いたことあります。楽するために苦労する。変な話ですね。

でも、オジサン、楽しそうに話してたからモチベーションは高そうです。

ボクも白猫プロジェクトをしっかり進めたき所存です。

 

【今日のクロメモ】

・オジサンは戦略担当になった。

・何気にオジサンは他のヒトとのコミュニケーションを取るようになっている。

白猫プロジェクトは続行で、オジサンから協力の言質を取った。