クロネコさんぽ

働くヒトを観察する猫の備忘録

メンテナンス

 

ども、クロネコです。

この頃、領地内でヒトが地面を掘り返しては戻したりしてます。

大きな機械を使っているのですが、音が大きくてオチオチ眠れません。

お日様が出てる時に眠るのが極上の幸せなんですけどねえ。

あ、オジサンです。自転車とかいうのに乗ってますね。

降りたところを後ろから近づいてみようかな?

(トテトテトテ)

 

「お、お前さん、今日も寒いね~」

「みゃー!」(こっそり近づいたはずなのに、何で気づくのさ!)

「オジサン、坂道を自転車こいでたら寒うてなぁ。ギヤ付でもしんどいわ。ちょっと待っててな、自転車を家の中に入れるから」

「みゃ」(いいよ)

「今日は毎週通ってる病院に行って、その後マッサージを受けてきたよ」

「みゃ?」(マッサージ?)

「ほら、こんな感じね」

「みゃぁ~~」(あぁぁぁぁ)

「毎日、筋弛緩トレーニングやストレッチ、マッサージとかしてるんだけれど、どうしても体にハリが出てきたらマッサージに行くんよ。こういうの気持ち良くない?」

「みゃあ」(気持ちいいねえ)

「体のメンテナンスって割と重要でね。さぼっていくとスタミナの消耗が早くなるんよね」

「みゃー、みゃーー」(オジサン、もっと撫でててよー、頭の後ろの方むぎゅむぎゅされると気持ちいいよー)

「お前さんたちはどうやって体のメンテナンスしてるんや?」

「みゃー」(いまー)

「寒いところにいると、筋肉が強ばりやすくなるのは人も猫も一緒だから、お前さんもあったかいところにいるんよ?」

「みゃあ!」(承知!)

「じゃあ、オジサンもあったかいお家の中に入るね。また遊んでね」

「みゃー」(はーい)

 

体のメンテナンスの意味は分からなかったですが、体のよく使う部分や使わない部分も揉んだり撫でられたりすると気持ちがいいものですね。

あごの下を撫でられるのは気持ちいいのは知っていたのですが、何にしろヒトにしてもらわないといけないのが残念なところです。

これからは、オジサン見つけたらすぐに撫でさせるように仕向けたいと思います。

 

【今日のクロメモ】

・体のメンテナンスはスタミナ消耗を防ぐために必要。

・1人でする限度を超える疲労を感じたら、誰かの手を借りる(猫の手は使えない)。

・オジサンはマッサージが上手い。