クロネコさんぽ

働くヒトを観察する猫の備忘録

幸福はあとからやってくる

ども、クロネコです。

昨日の地震はボクもびっくりしました。

オジサンも言っていましたが、被災された皆さんにお見舞い申し上げます。

きっと、ノラ生活してる猫たちもびっくりしたんじゃないかと思います。

ヒトの皆さんも寒くなってくる時期に家がつぶれたりしてたいへんだと思います。

ボクらノラたちもいつもフラフラと歩いているように見えるかもしれませんが、必ず安心して眠れる場所があります。

 

まずは安全を確保して、安心して眠れるようになってくれるよう願っています。

そのあとの暮らしの立て直しは、きっとボクには想像もつかないくらい大変な作業になると思いますが、安心で安全な暮らしができたら、幸福はあとからやってくると思います。

 

ボクらのようなノラは、サバイバルが日常なのでびっくりはしても、何とかやっていけると思います。

だけど、ペットとしてボクのような猫や犬と暮らしている皆さんは、避難所が『同行避難』を受け入れてくれるか確認してください。

ボクがよく話をしているオジサンのように、アレルギーで動物と一緒に過ごせない方もいらっしゃるので、『同伴避難』は難しいと思いますが、せめて『同行避難』を受け入れられると安心できると思います。

 

『同行避難』と『同伴避難』は違います。

 

同行避難・・・避難所にペットを連れていけるが、ペットはヒトとは隔離されて保護

同伴避難・・・避難所にペットを連れていける。ペットもヒトと同じ室内で保護

 

環境省は『同行避難』を推奨していますが、あくまで推奨なので自治体や避難所のルールに従ってください。

 

災害時におけるペットの救護対策ガイドライン - 環境省(抜粋、PDF)

災害時におけるペットの救護対策ガイドライン - 環境省(全文)

 

大きな揺れの後にも、何度も揺れて不安になられている方もいらっしゃると思います。

繰り返しになりますが、くれぐれも安全と安心の確保に努めてください。

避難生活はストレスが普段よりも格段に感じやすくなると思います。

冷静さを失って苛立ちやすくなったり、悲観に暮れてしまうこともあるでしょうが、とにかく落ち着いてください。

テレビやネットの情報は、役に立つこともあると思いますが、情報が錯綜してたり、意図的に違う情報を流す輩もいるので、気をつけてください。

 

ノラ猫のボクですが、ヒトの皆さん、同じ猫たち、他の動物たちが無事に過ごせることを願っています。

 

【今日のクロメモ】

・自然災害のときは、まずは安全・安心の確保を最優先

・幸福はあとからやってくる

・ペットは同行避難推奨