クロネコさんぽ

働くヒトを観察する猫の備忘録

周りが敵に見えるとき、本当の敵は自分の中にいる

ども、クロネコです。

いつものオジサンが「しばらく遅く帰る日が続くよ」と言ったので、その翌日、眠いけれど、朝、遊びに行ったら、「今からお仕事行くんよ。ゆっくりできるときに遊んでな。寒いから暖かくしてな~」と言われました(そして、オジサンは自転車に乗ってどこかに行きました)

このボクが遊んであげようと起きてきたのに、すげない態度です。

きっとバチが当たるでしょう。

そんなことを思って、夜、オジサンが帰ってきたのを見つけたので声を掛けてみました。

 

「みゃあ、みゃあ」(オジサン、こんばんは)

「おー、こんばんは。ただいまやねぇ。遅くなるって言ったのに待ってたん?」

「みゃー、みゃー」(ちがうよー、たまたまだよー)

「もう、今日はオジサンは久しぶりに仕事で腹が立ったよ」

「みゃ?」(最近のオジサンにしては珍しいね?)

「なんかさ、今日、会議中に偉い人が入ってきてね、急に「見積り、どうなってる?」って聞いてきたんよ」

「みゃあ?」(見積りってなぁに?)

「先月、ちょっとバタバタしてたときに言われてた仕事の延長なのかな、一度、ある材料である部品を作ったらいくらになるかって計算をしてたの。それが見積りなんだけどね」

「みゃ!」(見積り、覚えた!)

「材料を変えて見積りをしてくださいって指示が確かにあったんよ。ただ、他の指示で急に2日後までにやってくださいって指示が別の人から言われて、見積りは締切が指定されてなかったから、2日後に指定された仕事や他の先に予定を入れていた仕事をしてたの」

「みゃああ」(ふぁぁ、長そうな話だねえ)

「で、一段落ついたから、見積りの仕事に取り掛かって、指示してきた人やその上役の人にも相談して、見積りの提出時期を決めてOKをもらったんよ」

「みゃー」(それはいいんじゃないの?)

「そしたら、急にさっきの偉い人が、それじゃ間に合わないって言ってね。じゃあ、最初から締切を言っておいてほしいんだよね」

「みゃあ」(オジサンは締切を聞かなかったの?)

「会議中にいた他の人も、それまでの経緯を聞いて、偉い人がいなくなってから、「今頃言うなだよね。」って言ってくれてね。それはありがたいなって思ったよ」

「みゃあ」(じゃあ、良かったね)

「ただ、会議中も会議後も何でオジサンが詰問口調で聞かれないといけないんだって腹が立ってたんだけれど、ふと思い出したのが、『仕事で周りの人が敵に見えるとき、本当の敵は自分の中にいる』って言葉でね」

「みゃー。みゃ??」(タイトル回収だね。でも、オジサンの体の中に敵がいるの?ノミみたいのもの?)

「考え方の問題で、元々、期限を切られてはいなかった仕事だけれど、それはやっぱりいつまでにしたらいいのか、しっかり確認したら良かったなってこと。そしたら、オジサンも早く動けたし、詰問口調で聞かれることもなかったんだよね」

「みゃー、みゃー?」(でも、オジサン、見積りが出る予定を伝えてOKをもらえたんだよね?そうやって考えるのはおかしくない?)

「オジサンに指示を出した人も、その偉い人との間でスケジュールの感覚がちがったんだろうね。だから、全体のコミュニケーションが取れてなかったんだと思うんよ」

「みゃー」(じゃあ、オジサンはこれからどうするの?)

「いちいち偉い人に、いつまでに終えればいい仕事なのか聞くのも、オジサンも偉い人も大変だけど、とりあえず、それをやってみようかなって思ってるよ」

「あとは、全体のコミュニケーションが取れる方法を提案することかなあ?」

「みゃあ」(オジサン、おつかれさま)

「イライラが全くないっていうのは、体調も関係してくるから難しいけれど、できれば少なくする方法を取っていこうと思うよ」

「みゃあみゃあ」(仕事を溜めないのも大事だよね)

「話が長くなったね。週末は寒くなるらしいから、お前さんも暖かいところでやすむんだよ?おやすみ。またね」

「みゃー!」(またねー!)

 

オジサン、人間関係でイライラするみたいですね。

ノラ猫のボクは領地内に入ってくる白猫の排除(何度追い返しても入ってくる)と、隣の領地にいる同じ黒猫(警戒心が強すぎる)との同盟を結ぶのも大変なので何となくわかります。

それでも、気ままにノラ猫暮らしをできるのは、ノラであることに誇りを持ってるからです。オジサンにも良い意味で誇りを何か持ってもらいたいものです。

 

【今日のクロメモ】

・周りが敵に見えるとき、本当の敵は自分の中にいる。

・仕事の期限は必ず確認する。

・仕事は溜めこまない。

意見交換会、それからボクとおっかなびっくりさんの共通点

ども、クロネコです。

この数日、ようやくオジサンの生活リズムが安定してきたようで安心しています。

そう思ってたら、オジサンが「明日はオジサン帰り遅いよ。お姉さんと会ってくるから」と言います。

ということは、そこそこ遅いなって思って待ってたら、ちょうどオジサンが帰ってきました。

ボクすごーい!(フレンズ感)

 

フレンズについては、こちら参照 

news.nicovideo.jp

 

「みゃあ!」(オジサン、おかえり!)

「おー、ただいまー。昨日言ったこと覚えてたん?すごいねぇ」

「みゃあ!」(覚えてるよ!)

「今日はオジサン、復職者の方が集まる意見交換会と、その後にあのお姉さんと会ってきたよ」

「みゃあ?」(楽しかった?)

「意見交換会はねえ、リワークを卒業して復職しても悩みは尽きないという方と、うまく働けてるという人がいて、どちらも参考になったよ」

「同じ時期に通ってた方とも久しぶりに会えたのが一番良かったかなあ」

「みゃー」(すごーい!たーのしーねー!)

「何だか、お前さん、いつもよりテンションが高くないかい?」

「みゃあ、みゃあ!」(いつも通りだよ。別に3日連続オジサンに会えたからじゃないんだからね!)

「意見交換会の後は、病院に行って、それからあのお姉さんにあってきたよ」

「みゃあ?」(楽しかったんでしょ?)

「オジサン、お姉さんのことが心配で、アルコール禁止令とか言ったんだけれど、言って暫くして自己嫌悪に陥ったよ」

「みゃ?」(どうして?)

アサーションって言って、自分の気持ちを伝えることが大事で、自分の言葉で相手をコントロールすることはできないってことをリワークで習ったのね」

「でも、オジサンの言ったことはアサーションとは違うなあって思って。お姉さんも『何でそんなこと言うの』って言うしね」

「みゃああ」(ボクは領地内の家来には命令するよ。その方がいいときもあるから)

「オジサンもお姉さんのことを心配してるってことを先にちゃんと伝えた方が良かったね、きっと」

「みゃあみゃあ」(別にお別れしたわけじゃないなら、またちゃんと伝えればいいと思うよ)

「あ、そうそう。お姉さんとお前さんの共通点に気づいたよ」

「みゃ?」(共通点?)

「待ち合わせをしてて、オジサンを見つけるとお姉さんは歩く速さが段々早くなって、最後は駆け足になるの。お前さんも同じだよね」

「みゃーー!」(そんなことないよ!オジサンがボクのところに近づいてくるのが遅いから、ボクの方からさっさと近づいてあげてるの!)

「その姿を重ねて想像してたら、何だか、どっちもかわいく思えてねえ」

「みゃあ?」(これ、惚気?)

「お前さんもかわいいから、ほら、頭なでなでだー」

「みゃーー!」(やめろー、頭じゃなくてあごの下撫でろー!)

「さて、寒くなってきたから、オジサン、お家に入るね。またね」

「みゃ?」(もう、お話おわり?)

「その上目遣いにして、少し目を潤ますところも似てるよ」

「みゃ!」(心外だな!)

「それじゃあ、おやすみ。雨か雪が降るらしいから、屋根のある暖かいところで眠ってね。また、遊んでね」

「みゃあ」(またねー)

 

意見交換会というのは、オジサンの中でそれほどインパクトがあるものではなかったようです。それでも何かきづくことがあったのなら、無駄ではなかったのでしょう。

おっかなびっくりさんとの会話は詳細は分からないですが、気持ちを伝えるのが上手じゃないオジサンだから、これからもっと上手に気持ちを伝える練習をするのがいいのでしょうね。

それにしても、おっかなびっくりさんとボクの共通点は意外でした。

おっかなびっくりさんも、オジサンを見つけると嬉しいのかもしれませんね。

あ、ボクはうれしいのではなく、タイム・イズ・マネーの精神の発露です。

勘違いしないでくださいね?

 

【今日のクロメモ】

・オジサンの生活リズムは安定してきた。(ボクの生活リズムも安定してきた)

・復職者の意見交換会は、オジサンにいくつかのきづきを与えた。

・おっかなびっくりさんに気持ちを上手く伝えられなくて、オジサンは落ち込んでいる。

残業

ども、クロネコです。

ちょっと前にオジサンに会った時、オジサンがあんまりにもうるさく話しかけてくる上に、急に家の中に入るよと言ってボクの頭を触ろうとしたので、思わずオジサンの手に噛みついてやりました。

そしたら、次に会った時、「オジサン、風邪だからすぐにお家に入るね。またね」と言って、それから暫くは会うことがありませんでした。

オジサン、噛みついたから怒ってるのかな?

 

あ、オジサンです!でも、いつもに比べて、かなり遅い時間に帰宅ですね。

 

「みゃー」(こんばんはー)

「おー、こんばんは。ただいまだよ~。昨日、今日と残業だったよ。お前さんも残業かい?」

「みゃあみゃあ」(個猫経営者に残業なんてないよ)

「今日の残業は疲れたよ。自分の聞き取り不足で余計なことをしてて、それで時間がかかっちゃったよ」

「みゃあ」(オジサン、耳が良くないもんね)

「それでも、何とか終わらせたし、余計なことって言われたことも、長い目で見たら先の仕事を前倒しでやったと思えば、よくやったと思うんよ」

「みゃー?」(オジサン、今日はお話長い?)

「ただ、昨日は1時間で、今日は4時間半の残業だったんだけれど、これでオジサンも自分の仕事の捌ける量がわかったよ」

「みゃあ?」(お話長そうだね?)

「明日の体調にもよるけれど、納期がタイトで量の多い仕事のやり方やペース配分をしないと、また長く休むことになりそうだから、気をつけないといかんねぇ」

「みゃー、みゃー」(オジサンもボクのようにスケジュール管理をするといいよ。気分で変わるスケジュールだけどね)

「スケジュール管理してても、その中で、どういう手順で仕事をするかが課題だねえ」

「みゃあ」(それはオジサンの好きなようにするといいと思うよ)

「ま、上司の指示通り、業務は終わらせられたし、結果オーライかな?」

「みゃ!」(そうだね!)

「さて、オジサン、疲れたから、お家に入るね。頭がふらふらするよ」

「みゃあ?」(手、痛くない?)

「あ、この前、噛まれた傷はだいぶ治ってきたよ。歳をとると傷の治りが遅いよね」

「みゃあ?」(手、痛くない?)

「もう、手は痛くないからね。また、遊んでね。おやすみ。お前さんも暖かいところで寝るんだよ」

「みゃー!」(おやすみー!)

 

オジサン、手を噛んだことは怒ってなさそうです。

それにしても、オジサンの帰ってくる時間がバラバラになってきてます。

確か、そういう生活がオジサンが長く休むきっかけになったと聞いていたのですが、大丈夫なのでしょうか?

別に心配してるんじゃないんですよ?

オジサンに会う時間が決まっていたのが、バラバラになって待ってるのが退屈なときが出てきたから面倒なだけなのです。

仕方ないから、しばらくオジサンの生活リズムを観察してみます。

 

【今日のクロメモ】

・オジサンは手を噛まれたことは怒っていない。

・オジサンは仕事の手順とペース配分について考える必要がある。

・オジサンは生活リズムが崩れて体調不良にならないように気をつける必要がある。

壁の向こう側②

ども、クロネコです。

いつものオジサンの話を聞いてあげてたら、目の前を白猫が通っていくので、ジッと睨み付けて追い払いました。

まだまだ続いている白猫プロジェクトです。

あ、オジサンとは壁の向こう側の話をしてました。

 

「この前、壁のような仕事だと思ってたことなんやけど、思ったよりやれて、上司の方々にもOKをもらえたんよ」

「みゃあ。みゃー?」(良かったね。壁は高かったの?)

「やってみて思ったんだけれど、やる前に『この仕事はきつそう』と思いこんでやると、それは壁になるんやね」

「実際の壁も、近づいて触ってみないと、高さだったり、厚さだったり、わからないことばっかりやから、まずはやってみることが大事やなって思ったよ」

「みゃー」(そうだね)

「ただ、壁がどんな壁なのかを経験積んで、すぐにわかるようになるのも大事かなって思うんよ。今回は良い経験になったよ」

「みゃあ、みゃー?」(壁の向こう側はどんな光景だったの?)

「良い経験をして、自分の知識も増えたし、壁の向こう側はひとまず明るいなって思ったかなあ」

「みゃあ」(それなら良かったね)

「さて、オジサン、家の中に入るね。白猫さんとケンカしないようにね?おやすみなさい」

「みゃー、みゃー!」(ケンカじゃなくて戦争、戦争!)

 

オジサンはオジサンが思ってた壁の向こう側に無事につけたそうで良かったです。

ボクは当分は白猫プロジェクトを改めて見直そうと思います。死活問題ですよ!!

 

【今日のクロメモ】

・領地内に侵入者あり。白猫プロジェクト継続する。

・オジサンは壁の向こう側の光景を見ることができた。

・まずはやってみることが大事。

メンテナンス

 

ども、クロネコです。

この頃、領地内でヒトが地面を掘り返しては戻したりしてます。

大きな機械を使っているのですが、音が大きくてオチオチ眠れません。

お日様が出てる時に眠るのが極上の幸せなんですけどねえ。

あ、オジサンです。自転車とかいうのに乗ってますね。

降りたところを後ろから近づいてみようかな?

(トテトテトテ)

 

「お、お前さん、今日も寒いね~」

「みゃー!」(こっそり近づいたはずなのに、何で気づくのさ!)

「オジサン、坂道を自転車こいでたら寒うてなぁ。ギヤ付でもしんどいわ。ちょっと待っててな、自転車を家の中に入れるから」

「みゃ」(いいよ)

「今日は毎週通ってる病院に行って、その後マッサージを受けてきたよ」

「みゃ?」(マッサージ?)

「ほら、こんな感じね」

「みゃぁ~~」(あぁぁぁぁ)

「毎日、筋弛緩トレーニングやストレッチ、マッサージとかしてるんだけれど、どうしても体にハリが出てきたらマッサージに行くんよ。こういうの気持ち良くない?」

「みゃあ」(気持ちいいねえ)

「体のメンテナンスって割と重要でね。さぼっていくとスタミナの消耗が早くなるんよね」

「みゃー、みゃーー」(オジサン、もっと撫でててよー、頭の後ろの方むぎゅむぎゅされると気持ちいいよー)

「お前さんたちはどうやって体のメンテナンスしてるんや?」

「みゃー」(いまー)

「寒いところにいると、筋肉が強ばりやすくなるのは人も猫も一緒だから、お前さんもあったかいところにいるんよ?」

「みゃあ!」(承知!)

「じゃあ、オジサンもあったかいお家の中に入るね。また遊んでね」

「みゃー」(はーい)

 

体のメンテナンスの意味は分からなかったですが、体のよく使う部分や使わない部分も揉んだり撫でられたりすると気持ちがいいものですね。

あごの下を撫でられるのは気持ちいいのは知っていたのですが、何にしろヒトにしてもらわないといけないのが残念なところです。

これからは、オジサン見つけたらすぐに撫でさせるように仕向けたいと思います。

 

【今日のクロメモ】

・体のメンテナンスはスタミナ消耗を防ぐために必要。

・1人でする限度を超える疲労を感じたら、誰かの手を借りる(猫の手は使えない)。

・オジサンはマッサージが上手い。

 

 

 

壁の向こう側

 

ども、クロネコです。

最近、雪が降りましたね。ボクは領地内で暖かく過ごしていましたが、ヒトが何人か転んだりしてました。

ヒトは歩き方が下手なんでしょうか?

ツルツルした地面は足裏をベタッとつけて歩くといいんですけれど。

そう言えば、最近、寒くて領地内の巡回を少なくしていたら、あのオジサンと会う機会が減って退屈です。ということを思っていたら、久しぶりにオジサンを見つけたので声を掛けてみました。

 

「みゃー」(おーい、オジサーン)

「おお、久しぶりやな。お前さん、あったかくしてたんか?」

「みゃ!」(もちろん!)

「オジサンも雪の降った日はさすがに家に引きこもってたわ。寒いの嫌いやねん」

「みゃーみゃー」(同感、同感)

「あ、オジサンな、残業が少しだけどしてもいいよって許可をもらったよ」

「みゃー?」(残業ってなあに?)

「復職してから、しばらくは決められた時間より多く働いたらダメって決まりで働いててん。その決まりが少し緩くなったんよ。元気に働けてるからかな?」

「みゃーー」(オジサンの働いてるところ見たことないからわからないよ)

「で、少し多く働けるようになったら、急に納期の短い仕事を割り振られてね」

「みゃ?」(この話、長くなるね?)

「ストレスに感じたのかな、頭痛がしてきて、会社の帰りに病院に行ったんよ」

「みゃー」(それで帰ってくるのが遅かったんだね)

「病院の先生に残業しても良いって会社で言われたことと、会社でストレスに感じる仕事を指示されたことを話したの」

「みゃー」(あー、長いね、この話)

「先生に「あなたは、その状況をどう思ってるんですか?」って聞かれたから、いつかは、そういう状況がやってくることは分かっていて、それが早いか遅いかはやってみないとわからないから、やれることはやってみますって答えたの」

「そしたら、先生が「そうですね、それが大事ですね」って言ってくれてね。オジサンも、そろそろ1つ壁を乗り越える必要があるんだなって思ったよ」

「みゃー」(壁なんて乗り越えなくても、抜け道探して向こう側に行けるよ)

「みゃーー」(オジサン、壁は乗り越えるものって考え方は頭が固いよね)

「みゃー」(まあ、どんな方法でも壁の向こう側を見てくるといいよ)

「ねえ、お前さん。やたらと頭を腰にぶつけてくるのはやめない?割と痛いねん」

「みゃー!」(話を聞くだけだと退屈なんだよ!)

「話が長くなったね。寒くなってきたし、オジサン、風邪ひきたくないから、そろそろ家の中に入るよ。久しぶりに会えて嬉しかったよ。また、遊んでな?」

「みゃ!」(もちろん!)

 

オジサン、働く環境が少し変わったみたいです。

季節の変わり目は猫でも体調を崩すので、オジサンも体調崩さないように気をつけてもらいたいものです。

ヒトの皆さんも寒いときは温かくしてくださいね。

環境が変わっても変わらずにいられることも強さですけれど、環境の変化に合わせられる柔軟さも強さですからね。

 

【今日のクロメモ】

・オジサンは働く環境が変わった。

・オジサンは働く環境が変わったことを壁を乗り越えることだと考えている。

・オジサンは、壁の向こう側は乗り越えなくても行ける方法を考えた方が良い。

 

お正月

ども、クロネコです。

ここ数日、何だか領地内が静かです。どうも毎年やってくる『お正月』というものみたいです。

玄関の上や前に飾りをつける家もあり、見た目の変化で何となくわかるのです。

あと、例のオジサンが言ってました。

 

「あ、オジサン、しばらく実家に帰省するねん。ちょっと会えん日が続くけれど、戻ってきたら遊んでなぁ」

 

帰省って何でしょう?

ボクの領地内のヒトでそういう話をしてたヒトは少なかった気がするのです。

あと、オジサンが本当に姿を見せません。そうなると少し退屈するものです。

 

「おお、あけましておめでとう。今年もよろしくなぁ」

「みゃーー?」(オジサン、どこに隠れてたの?お家の中に引きこもってたの?)

「オジサン、オジサンが生まれたところに帰ってたんよ。お前さんと違って、オジサンはここに大きく育ってからやってきたんよ」

「みゃーー♪」(オジサンがいない間は平和だったよ。いてもいなくても平和。ボクのおかげ♪)

「こっちも寒いけれど、オジサンの生まれたところも寒くてなあ。雪が降ってないだけ助かったよ」

「みゃー?」(オジサン、しばらくお正月なの?)

「お正月休みが毎年あるけれど、今年は久しぶりに帰ったから、オジサンの家族も喜んでたよ」

「みゃーー」(オジサンも家族がいるんだね)

「オジサンのおばあちゃんは寝たきりで認知症なんだけれど、今回はオジサンの顔を認識してくれたみたい。お話はできなかったけれどね」

「みゃー」(お話できないと寂しいね)

「オジサンはおばあちゃんとはお話できなかったけれど、オジサンのお母さんと弟とは話してきたよ」

「みゃ?」(どんなお話?)

「オジサン、痩せたらモテるよってお母さんに言われたよ。弟はオジサンよりも細いんだけれど、絶対にモテないって言ってたよ」

「みゃー?」(兄弟だから同じ顔でしょ?ボクもいたよ、兄弟)

「何が違うのって聞いたら、マメかどうかだって。お前さんはマメかい?」

「みゃ」(ボクは猫だよ)

「誕生日とか母の日に、オジサンは欠かさず少しでもお母さんにプレゼントを贈ってるんだけれど、弟はそういうことしないんだって」

「でも、一時期、プレゼントをしてた時期があったらしいんだけれど、そのセンスが男性の選ぶセンスの物じゃなくて、当時付き合ってた女性のセンスだったらしいよ」

「みゃーー?」(この話、長くなるの?)

「で、女性との付き合いがなくなると、プレゼントくれなくなったから、モテるはずないんだって。母親って変なところ見てるよね」

「みゃー」(ボクもおかあさんっていたと思うけど、記憶にないよ)

「あと、この前、お前さんと会ったお姉さんをいつか家に連れておいでって言われたよ」

「みゃー?」(あの、おっかなびっくりさん?)

「オジサン、働くの再開してから日が浅いけど、毎日健康に働き続けられる自信がついたら、あのお姉さんを連れて行こうと思うよ」

「みゃーー」(オジサン、また隠れちゃうとボクは退屈だなあ)

「オジサン、今のこの場所にお前さんのお母さんがいたときから住んでるけれど、いつか離れちゃうんやろうなあ。それはそれで寂しいんだけどね」

「みゃ?!」(オジサン、いなくなるの?!)

『ガブッ』

「フフフ、今日は噛みつかれても痛くないように厚着だよ」

「みゃーー!」(オジサンのくせに生意気め!)

「ふふ、また今年も遊んでね。またね」

「みゃーー」(ずっと構ってあげるからねーー)

 

オジサンのくせに生意気なことを言っていましたが、オジサンは家族と会って色々とお話できたみたいです。

それにしても、オジサン、ボクのおかあさんのこと知ってたのがビックリです。

ボクは記憶にないのに、オジサンはどうやってわかったんでしょう?

今度、聞いてみようと思います。

 

【今日のクロメモ】

・ヒトはお正月のとき、オジサンはオジサンの生まれたところに行っていた。

・オジサンは痩せるとモテるらしい。(ボクから見ると、オジサンはオジサン)

・オジサンはこの場所から離れる気持ちがある。(ボクは退屈になるので嫌だ)