クロネコさんぽ

働くヒトを観察する猫の備忘録

目的と目標

ども、クロネコです。

どうも梅雨入りとかしたそうですね。空から雨が降ってくると乾くのに時間が掛って気持ちが悪いです。

それでも、領地を守るために日々を生きています。

いつものオジサンがたまに、「お前さんもお風呂に入れたら気持ちいいと思うよ、きっと」とか言うのですが、何がいいのでしょうか?

 

さて、今日は質問をいくつかいただいているので、お答えしようと思います。

えと、まずはペンネームが『恋するうさぎちゃん』さんからです。

・・・どこかで聞いたことがあるペンネームですね。

 

Q.クロネコさんは男の子ですか、それとも女の子ですか?

A.えと、気になるなら会いに来てください。

 あと、いつになるかは分かりませんが、性別を聞くことに意味があるのは病院で検査を受けるときだけになると思います。世の中、性別に意味を求めることは減っていくと思いますよ。あと、年齢もそうかもしれませんね。

 

次の質問は、ペンネーム『恋するうさぎちゃん』さんからです。

・・・3回続くと、ネットの世界では「またおま」とか言われるらしいので気をつけてくださいね?

 

Q.クロネコさんは、オジサンが好きなんですか?

A.嫌いじゃないですよ。ヒトでも猫でも、気になるのは好きなものと嫌いなもののどちらかです。嫌いだから気になってイライラしたり、好きだから気になってモヤモヤすることもあると思います。気にならないのは、好きでも嫌いでもないからです。これで答えになりますか?

ちなみに嫌いなものでイライラするときは、好きなものについて考えると良いらしいです。ただし、無節操に好きなものについて考えていると気分が浮ついて落ち着きがなくなるので、まずは何か好きなもの1つだけについて考えるのが良いと思います。

 

さて、3つ目の質問は、ペンネーム『恋するうさぎちゃん』さんからです。

・・・またおま・・・

 

Q.わたしは幸せになりたいのですが、どうしたら幸せになれますか?

A.それはボクにはわかりません。誰でも幸せになりたいと思っていると思います。

 具体的に、どういう状況が幸せなのか教えてくださると、お答えしようがあるかもしれませんが。『幸せになること』が『目的』ならば、そのために何をしたらよいかという『手段』をいきなり考えるのではなく、『目的』に近づくための『目標』をいくつか立てるといいと思います。『目的』がゴールで、『目標』はゴールまでの道標です。

『目的』は漠然としていても良いかもしれませんが、『目標』は具体的にしましょう。

そして、『目標』を達成するために『手段』を考えるのです。

 

最後の質問ですね。

えと、ペンネーム『それでもボクはやってない』さんからです。

何をやってないか、とても気になります。痴漢冤罪の話題が盛り上がってるそうですが、昔のヒトは言ったそうです。「君子危うきに近寄らず」

でも、君子じゃないと危険かどうか見抜けないのではないかなと思うと、常日頃から知識と教養を高めることが大事なのかもしれませんね。

 

Q.毎日会う野良猫が、最近、季節の変わり目のせいなのか、すごく毛が抜けます。ブラッシングぐらいしても良いのでしょうか?

A.好きにしてください。その野良猫が嫌がらないなら良いと思いますよ。ボクたち野良でも身だしなみは気を遣いますからね。

 

今日はオジサンが出てきませんでしたが、質問にお答えしてみました。

オジサンは最近は残業というのをちょくちょくしていて帰りが少し遅いです。

元気そうなので良いですけどね。

 

【今日のクロメモ】

・相手に真意が伝わるかどうかは文字だけでは難しいが、いただいた質問に答えた。

・『またおま』には気をつける。

・次はオジサンの近況報告をする。

揺れる揺れる揺れる

ども、クロネコです。

今日はオジサンと一緒にいるところに白猫が現れて叫んでたのですが、よく見ると左手を怪我したのか、全然動かせない状態になっていました。

ひっかき傷は慣れっこですが、あの怪我だときっと高いところに上ったり、餌を取るのも苦労するでしょう。

敵とはいえ、同じ野良の世界で生きる身なので、当分は静かに見守ってやろうと思っています。

 

「なあ、白猫さん、怪我しとったなあ」

「みゃあ」(そうだね)

「野良で、あんな怪我したら下手したら生きていけないんちゃう?」

「みゃぁ」(そうかもね)

「オジサンは会社の中でのキャリアは傷だらけだけど、生きていけるからええねん。白猫さんの怪我は早く治るとええなあ」

「みゃああ」(本当にそうだねえ)

「オジサンは、ほぼ確実だけれど仕事の内容が大きく変わるよ。参謀のお仕事は終わりなんよ」

「みゃあ?」(へぇ?)

「色々と考えてみたけれど、会社を定年まで働いて、その後を何して生きていこうって考えたら、チャンスなのかもって思ったんよ」

「みゃーあ」(オジサンの独り言ターイム)

「だから、今、任されてる仕事をきちんと仕上げていくのが当分の仕事かな」

「みゃあみゃあ」(どうぞどうぞ)

「義務感や使命感は持つのは大事だけれど、義務感にかられるとかって、自分の思考に自分の気持ちが揺さぶられると疲れちゃうんよねえ」

「みゃー」(へー)

「そういう訳で、オジサンはしっかり眠るという義務を果たすためにお家に入るね。また、遊んでね?」

「みゃ!」(もちろん!)

「あ、あのお姉さんがお前さんにヤキモチ焼いてたよ?たまには、お姉さんにも顔を見せてあげてや?」

「・・・」(・・・)

「返事しないんかい(笑)それじゃあ、おやすみ」

「みゃあ」(おやすみ)

 

オジサン、仕事が変わるって言ってましたけれど、どんな仕事をするかも大事ですが、どんなふうに仕事をするのかも大事な気がします。WHATとHOWの違いでしょうか?

あと、おっかなびっくりさんには気が向いたら顔を見せてあげても良いかなと思います。

 

【今日のクロメモ】

・白猫負傷中のため休戦。

・オジサン仕事が変わる。

・おっかなびっくりさんに気が向いたら会う。

スカウター戦闘力53万

ども、クロネコです。

今日から5月というものらしいですね。ご近所につつじの花がたくさん咲き始めたのですが、葉っぱが美味しくないので気に入らないのです。

ねこじゃらしとかいう草も、たまにヒトが「ほれほれ~」と目の前で振ってみせるのですが、何が楽しいのかわかりません。あの草も美味しいと思って食べたことはないですから。

小さくて細い草が食べ頃ですね。

 

そんな草を探していたら、気がつくと、いつものオジサンの家の前に来てました。

ちょうど、オジサンも帰ってきたところみたいです。

 

「おー、ただいまー。こんばんはやねぇ」

「みゃー」(こんばんはー)

「今日はあったかい日やったねえ。毛皮を着てたら暑くなってくるんちゃう?」

「みゃあ」(暑いけど脱げないからね)

「今日は帰り際に、前の部署の上司の方に呼ばれてね。4月に休みが多かったのを聞かれたよ」

「みゃあ?」(そうなの?)

「微熱が続いてたってことと、今は薬で落ち着いてるから大丈夫だって説明して、安心してもらったよ。顔色も良さそうだって言われたしね」

「みゃあ」(オジサン、夕暮れ時だと顔色はわからないよ)

「そのついでに、英語の文献を読めるかとか、マクロを組めるかって聞かれてね」

「みゃあ?」(マグロは解体じゃないの?)

「文献は読む分には苦労しないけど、マクロは勉強中って話して、なぜ、そんなことを聞くんですかって尋ねたら、そういうのが得意な部下が少ないからって返事だったよ」

「みゃ?」(スカウト?)

「部署が変わるのかなあ?でも、オジサン、今の仕事にやりがいを感じてるから変わりたくないんよねえ」

「みゃー、みゃー」(ただ聞かれただけじゃん、きっと変わるわけじゃないよ)

「まあ、余計なことに気をそらされないで、目の前の仕事をザクザクと終わらせていくつもりだよ」

「みゃ!」(それがいいよ!)

「よし、オジサン、これからご飯食べて休むよ。また会ったら遊んでや?おやすみ」

「みゃあ」(おつ~)

 

オジサン、前の部署の上司に体調を気にかけてもらえて良かったと思います。

それと、自分の仕事に集中するって決めてるところも良いことでしょう。

あとは風邪や怪我をしないように気をつけることですね。

世間では連休とかいう働かない日が続くそうなので、生活リズムを崩さないことが大事ですね。

 

【今日のクロメモ】

・オジサンは4月に休みすぎで前の上司に心配される。

・オジサンは今の仕事にやりがいを感じている。

・連休中に生活リズムを崩さないこと。オジサンの見張りが必要。

ぶつかり合いを恐れず自分を殺さないことが大事

ども、クロネコです。

本丸は守り切って、領地内をくまなく巡回しています。

先日は巡回中のところ、オジサンと出会い、そのままオジサンの家までついて行ったりしました。

今週は雨の日もありましたが、毎日、オジサンと会って話してます。

たまに憂さ晴らしに軽く噛みついたりしますが、オジサンには軽くあしらわれてしまいます。

猫に慣れてるヒトのこういうところは好きじゃありません(>_<)

 

「おお、こんばんは。ただいまやね。今週は毎日お迎えありがとう」

「みゃ~」(おつかれ~)

「だいぶ暖かくなってきたけれど、風が吹くとまだ寒いね」

「みゃあ」(そうだね)

「オジサン、今日は上司と今年度の業務分担の打合せしてきたよ~」

「みゃあ?」(この話は長くなる話?)

「オジサン、前は上司に言われた通りに割り振られた仕事をしてきたけれど、今年度は自分が担当したい業務、やらないといけないと思ってる業務をちゃんと言えたよ」

「みゃあ」(それは良かったね)

「でもね、業務の詳しい内容のところで意見が噛みあわなくて、ちょっと上司が腹を立てたんよ。少なくともオジサンにはそう見えたんよね」

「みゃー」(あー長いねー)

「オジサンにも譲れないところがあったから、腹を立てようが言うことは言って、2人が納得するところに落ち着いたんよ」

「みゃあ?」(それは妥協じゃないの?)

「良い妥協と悪い妥協があると思うんやけど、今日のは良い妥協だと思うんよね。こういう話し合いを上司としたのは初めてかもしれへんねえ」

「みゃあ!みゃあ!」(すごーい!オジサンは良い妥協ができるフレンズなんだね!)

「5月からも自分の意見を周りに伝えながら、穏やかに働いていけるようにしていくよ」

「みゃあ!」(主体性大事!)

「さて、オジサン、お家の中に入ってご飯食べるね。お前さんも最近ちょっと痩せた気がするから、しっかりご飯を食べなよ?それじゃあ、またね」

「みゃー!」(またねー!)

 

オジサン、今までにできなかったことができるようになっているみたいですね。

ボクはボク自身だけで領地を管理しているのですが、群れると大変だっていうのはわかります。

ボクは自分だけでできることを増やしていこうと思います。

 

【今日のクロメモ】

・オジサンは上司に自分の意見を言えるようになった。

・オジサンは良い妥協をすることができた。

・群れの中でできることと、自分だけでできることはどちらも大事だと思う。

戦略は難しい

ども、クロネコです。

まだ白猫との戦いが続いています。彼奴は用意周到に仲間をボクの領地内に配置していって本丸を彼奴が抑えようとしているのです。

ボクは群れるのがキライなので、数で負けるのは承知しているので効率よく領地争奪戦を繰り広げないといけません。これが戦略というものでしょうか?

 

「おや、久しぶり。お前さん、まだ白猫と領地争いしてるん?」

「みゃぁ。みゃー」(おお、オジサン。まだ戦争中だよ)

「戦いって、戦略と戦術があるのって知ってる?」

「みゃぁ」(知ってるよ)

「オジサン、今月から戦略立案を担当することになったんよ。数で負けてるから、トリッキーな戦術も駆使しないといけないかもとは思ってるんよ」

「みゃあ、みゃあ」(戦略とか戦術とか大げさだね、オジサン、過大に考えてるんじゃないの)

「この前ね、上司と面談して、勝つ戦略立案をしてほしいって言われたから、お家でもボンヤリと考えたりしたり、他の人の相談したりしてるんよ」

「みゃあ?」(オジサン、ボクの軍師にならない?)

「オジサン、太公望はわからないけれど、張良諸葛亮モルトケとか歴史上の軍師や参謀と呼ばれる人達が好きだから、オジサンにそういう才能があるかはわからないけれど、やってみるよ」

「みゃあ」(ボクの軍師にはなってくれなさそうだね)

「お前さんも良い軍師に巡り合えるといいのにな。三顧の礼を尽くすようなことまではしなくてもいいから、せめてもう1匹仲間がいるといいと思うけどなあ」

「みゃあ、みゃあ」(オジサンの家には3回以上来てるよ。三顧の礼どころじゃないよ)

「オジサンも白猫見かけたら、威嚇するぐらいはしとくわ」

「みゃぁ」(それだけでも助かるよ)

「じゃあ、オジサン、お家に入るね。雨に濡れないように気をつけてな」

「みゃあ」(うん)

 

オジサン、戦略担当だそうです。

戦略って、データを集めて分析して、いかに楽して勝つかが大事だって聞いたことあります。楽するために苦労する。変な話ですね。

でも、オジサン、楽しそうに話してたからモチベーションは高そうです。

ボクも白猫プロジェクトをしっかり進めたき所存です。

 

【今日のクロメモ】

・オジサンは戦略担当になった。

・何気にオジサンは他のヒトとのコミュニケーションを取るようになっている。

白猫プロジェクトは続行で、オジサンから協力の言質を取った。

戦い続ける限り敗北はない(from Attack on Titan)

ど、ども、クロネコです。

この1ヶ月、白猫との激しい戦いに明け暮れている日々です。

白猫、仲間を連れてきて、ボクの領地の一部を切り取っていったのです。

悔しさと切なさと心細さで、涙を見せてしまいそうです。

そんなとき、また足を引きずっているオジサンを見かけました。

 

「みゃぁ…」(オジサン…)

「おお、久しぶりやなぁ。この前から白猫をたくさん見かけるけど大丈夫なん?声も小さい感じやけど?」

「みゃぁ。みゃぁ?」(とりあえず生きてるよ。オジサンはまた怪我したの?)

「オジサン、体力作りが課題なんだけれど、また家の中でつまづいたらしくてね。左足が痛いんよ。だから左足には頭をぶつけんでね?」

「みゃぁ」(わかったよ)

「4月に入って、少し仕事の内容が変わるみたいでね。そのために、オジサンは何ができて、何ができないか考えてみてん。お前さんは、何が得意?」

「みゃぁ」(鳥をつかまえることかなあ)

「オジサンは英語を忘れていくスピードが速くなっていて驚いてね。今年は英語を勉強する1年にしようと思ってるんよ」

「昔、得意だと思っていたことも、やらなくなったら並以下になるもんやね。続けることって大事やねえ」

「みゃあ」(そうだね、続けること大事!)

「この前、第2期が始まった巨人の出るアニメで良いセリフがあったんだけどね。そのセリフを言った本人が、まさかの展開。いわゆるフラグだったっていうね

「みゃあ??」(フラグ?旗??)

「とにかく、オジサンは体力作りと英語って目標を決めたので、それに向けて、まずは怪我を早く治すことに専念するよ」

「みゃあ」(それは大事だね)

「お前さんも、白猫との戦いは大変だろうけれど、オジサンを見かけたら遊んでな。元気なくてもあってもね。またね」

「みゃ!」(わかった!)

 

オジサン、体力作り始める前に怪我するのは良くないけれど、まずは早く治すことが大事ですよね。

ボクもオジサンが聞いたセリフのように白猫と戦うのを続けて領地の回復に努める所存です。

 

【今日のクロメモ】

・オジサンの4月からの目標が決まった。(数値目標を聞くのは忘れました)

・怪我は早く治す。

・続けることを諦めないことが大事。

健全な体に健全な魂は宿るのは本当ですか?

ども、クロネコです。

かなり久しぶりに書くのですが、その間にも、あのオジサンとは遊んであげていました。

ちょっと、オジサンは前の雪の頃の状態に近いように思えます。長く家にいた時のことですね。

ちょっと違うのは、それでも外には出てくることは毎日続けてることかなと思います。

 

先日、オジサンと会ったら、左足を引きずっていました。

 

「みゃー」(オジサン、こんばんは)

「おー、こんばんは。お前さん、白猫さんを最近見ないけど追い出したの?」

「みゃ!」(もちろん!)

「ケンカもほどほどにね。ケンカというには、アレかあ。。。生死かかってるもんねえ」

「みゃあ」(そうだよ)

「みゃー?」(オジサン、どこか調子が悪いの?)

「生死をかけるほどじゃないけれど、痛いなあって思うと気持ちが萎えるねえ」

「みゃ?みゃ?」(どこか痛いんだ?構ってほしいんだ?)

「健康診断で飲んだバリウムでお腹が痛くなってね。痛みが理由で休まないって決めてたのに休んだのがすごく悔しいんよね」

「みゃあ」(痛いときは唾つければ治るよ)

「それから、今度はコンビニの掃除機のケーブルに足をひっかけてね。それで足が痛いんよ」

「背中から痛みが来てたから、病院行くのに休んだら全治1週間だって。トホホだよ」

「みゃああ」(はあああ、ドジだねええ)

「お前さんのように身軽に動けたら、こういう怪我はしないんやろうなあ」

「みゃあ、みゃあ!」(オジサン、最近、体のメンテナンスはしても機能向上はしてないでしょ!)

「みゃーーー!!」(まずは体作りだって言ってたのに、カーーーーツッ!!)

「怪我したり体が不調だと、思考もネガティブになって、また体がなまっていくんよね。アカンねえ」

「みゃう」(そうだよう)

「全治1週間はおとなしくして、そのあとは徐々に体作りをしていくよ。お前さんのように身軽に動ける体がいいなあ」

「みゃああ」(誉めてもボクは何もあげられない)

「とにかく家に引きこもらない!最低限、これは守ろう。うん、そうしよう!」

「みゃあ?」(何だったら、ボクが案内するよ?)

「お姉さんとお出かけしてくるよ。お姉さん、お前さんと会えなくて寂しがってるよ?」

「みゃ」(あ、そ)

「お姉さんとも仲良くしてあげてよ。お前さんのような猫に慣れてないだけなんだから」

「みゃあ」(検討しておくよ)

「さて、オジサン、家の中で湿布貼って休むよ。また遊んでな」

「みゃあ!」(ほーい!)

 

オジサン、痛みに弱いのは仕方ないにしても、それで仕事が全くできない訳じゃないのに会社を休むのは、ちょっと過剰反応な気がします。

病院慣れしてるのも問題かもしれませんね。

早いところ、怪我を治し体作りに励んでもらいたいものです。

まずは時間をかけて歩くところから始めればいいと思います。あとは柔軟性かな?

春になると、冬とは違う、うつ病が発生しやすいと聞いたことがあるので、皆さんも自分の不調に早く気づくようにしてくださいね。

 

【今日のクロメモ】

・オジサンは痛みで会社を休んだ(これから先は我慢してみましょう)

・オジサンは怪我で会社を休んだ(怪我しにくい体作りをしてみましょう)

・おっかなびっくりさんと遊んであげる(気が向いたら。相手に期待したり見返りを求めるコミュニケーションはしない方が楽に生きられるのにね)